BLOG

京都市北山の美容院

とし物語 vol64 ~美容師編13~

オーストラリアから来た彼女は、英会話スクールの先生だった。

まったく日本語はしゃべれない。

僕は知ってる英語をとにかく言いまくった。

「ハロー。」

「マイネームイズトシ。」

「ウェアーアーユーフローム?」

「オウゥ!オーストラリア!!ベリーグッドカントリー!!!」

そんな僕のつたない英語に彼女は丁寧に答えてくれた。

しゃべるのもわかりやすく、ゆっくりとしゃべってくれた。

僕も必死で答えた。

ぎこちないが、割と会話は続いた。

なんとか無事にカットも終わり、会話も無難に?

こなしてジェニーは帰っていった。

2ヶ月後、

また彼女は来てくれた。

しかも、僕を指名して。

正直うれしかったが、プレッシャーもあった。

前回たくさんしゃべったので、もう話すネタがない。

日本人ならなにかと探せるのだが、相手はオーストラリア人。

つまり英語。

そんなに単語も知らないので、ホントにどうしよう?

そんな気持だった。

彼女はまた気さくに話しかけてきてくれた。

僕もなんとか答えてたのだが、なかなか前みたいに会話が続かなかった。

それでも彼女も僕も一生懸命話題を探した。

・・・

4回目の来店の時。

彼女はなんと友達を連れて来てくれた。

友達はニュージーランドの方だった。

もちろん日本語はしゃべれない。

話を聞くと、どうやらジェニーの友達はみんな日本語がしゃべれないので

カットするのに困ってるということだった。

なので、ジェニーが僕を紹介してくれたみたいだ。

その後も何人かお店に連れて来てくれた。

ジェニーはその後何回も来てくれていたので、自然と仲良くなっていった。

プライベートなことも喋ったりするようになってた。

「アイハブガールフレンド。」

「スーン、アイムマリッジ!」

「オォー、コングラチュレイション!!」

へたくそな英語で文章もめちゃくちゃだったけど、それでも前より伝わるようになってた。

僕も彼女の英語がなんとなくだがほとんどわかるようになってた。

外国の人は日本人とちょっと感覚が違う。

というか、フレンドリーだ。

ある時、カットしてる途中でジェニーにパーティーに誘われた。

是非来て!

って。

正直とまどった。

お店ならなんとか会話できるが、パーティーとなると他の外国の人もたくさんいるだろうし。

日本人のパーティーにもろくに行ったことないのに、外人さんのパーティーなんて・・・

丁寧に断った。

しかし彼女は来るたびに僕をパーティーに誘ってきた。

どうやら定期的に開かれてるみたいだ。

やっぱり外国の人はパーティー好きなんだろうか?

僕はとうとう断れなくなり行くことにした。

1人では不安なんで、同期の海くんと後輩のかよちゃんをさそって3人で行った。

関連記事

  1. 京都市北山の美容院
  2. 京都市北山の美容院
  3. 京都市北山の美容院
  4. 京都市北山の美容院

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP