BLOG

京都市北山の美容院

とし物語 vol61 ~美容師編10~

時はきた。

震える心を手を落ち着かせ、いざ女の子の前へ!

「こんにちは、今日はよろしくね。」

なんて言葉をかけたかどうかも覚えてないぐらい緊張してた。

女の子のすぐ隣の席には、お母さんが座ってた。

カットとパーマをするみたい。

担当はオーナーだった。

僕はその横で女の子のカットを。

人生初カット→ドキドキ→お母さん横に座ってる→つまり、こっちを見てる

→プレッシャー→耐えられない

こんな心境だった。

そんな僕を横目に、オーナーはあっという間にカットが終わってしまった。

やばいやばい。

急がないと。

焦れば焦るほどうまくいかず、ついにオーナーはパーマも巻き終わってしまった。

オーナーパーマ巻き終わる→お母さん頭動かしても大丈夫→つまりこっちを見れる

→プレッシャー→押しつぶされる

こりゃあかん。

予想通り、お母さんは娘さんの方を見てた。

僕はその目線にたえられず、普通は左サイドを切るときは左サイドの方に立って

カットするのだが、お母さんが右からみてるのでわざと見えないように

右サイドの方に立って、女の子の左サイドをカットした。

やりにくいったらありゃしない。

女の子に覆いかぶさるようにカットした。

小さい声で、

「ごめんね、ごめんね。」

って、あやまっといた。

だって、あなたのお母さんが見てるんやもん!

どうにかこうにかカットを終えて、女の子の方を見た。

「うぉ!かわいいやん!!」

自分でもびっくりしてしまった。

なかなかの出来だ。(と自分で思った。)

「おつかれさまでした~。ちょっと待っててねー。」

なんて、やさしい言葉を女の子にかけたのだが、店内はクーラーが効いてて

涼しいのに僕は外を走ってきたのか?

というぐらい、大量の汗をかいてた。

1人カットするだけで、へろへろだった。

しばらくするとお母さんも終わった。

お会計をしてたので、僕は挨拶とお見送りに親子の元へ行った。

たくさん練習もしたけど、僕なんかのカットでお金をもらってすいません。

みたいな気持もあった。

お会計も終わり、ドアの方へ歩いて行く親子。

僕は「ありがとうございました。」

って言おうとしたその瞬間!

なんとその小学生の女の子の方から

「ありがとう。」

って言われた。

僕はほんとに、うれしくて

うれしくて、うれしくて。

僕の目の前には、かわいい小さい天使がいた。

「お金なんかいらないよ!」

って言いそうになった。

ほんとは言いたかったけど。

今度はもっと練習して、うまくなるからね。

また来てね。

こうして、僕のカットデビューは無事に終わった。

追伸

あの女の子は今頃どうなってるのかな?

って思う。

もう普通に女性になってるんやろね。

ほんとにありがとうね。

関連記事

  1. 京都市北山の美容院
  2. 京都市北山の美容院
  3. 京都市北山の美容院
  4. 京都市北山の美容院
  5. 京都市北山の美容院

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP