BLOG

京都市北山の美容院

とし物語 vol59 ~美容師編8~

(デートの話はまた今度)

汚いながらもなんとかタイム内に入った。

しかしまだ3日に1回ぐらいしかできない。

大会までの数日間、さらに練習した。

そして大会当日。

会場は大阪。

ワインディングだけでなく、カットの大会もあったりするので

たくさんの美容師さんが来てた。

正直、あっとうされた。

初めての大会で、しかもタイムに入れるかどうかも微妙。

みんなめっちゃうまそうに見えた。

かなり緊張した。

僕らの出番はすぐだった。

お店の先輩たちも何人か応援に来てくれた。

もうやるしかない!

すぐに準備に入った。

高まる緊張の中、震える手をなんとか落ち着かせて準備した。

一緒に出る同期の人達もどこにいるのかわからないぐらい人がいた。

1人だけ5つ横ぐらいにじゅんちゃんがいた。

彼女は余裕がある風に見えた。

いかんいかん、集中せねば。

始まる時間になった。

まずは5分でブロッキングする。

5分?やったかな??

(あんまり覚えてない)

頭を10ブロックに分けて、ゴムでくくる。

それは決まっていて、絶対にしないといけないこと。

そのブロッキングが綺麗にできてるか、できてないかで

ワインディングの出来が決まる。と言っても過言ではない。

いつもの練習のようにバッチリできた。

ちょっと余裕があったので、隣の方のじゅんちゃんを見てみた。

!!!!!!!

みんな10ブロックに分けてるのに、どう見ても5ブロックにしかわけてなかった。

あかん、こりゃ失格になる!

そう思ったのだが、声をかけるにはちょっと距離が離れている。

大声を出すわけにもいかず、どうすることもできない。

なんとか気付いてほしいけど。

全然気づく様子もない。

と思った瞬間、本人が気付いた。

明らかにパニクってた。

が時すでに遅し。

そのままワインディングに突入する時間になった。

緊張してなかったのだが、ロッドをもてないくらい手が震えていた。

最初の1本を巻くのにかなりの時間を費やした。

不思議なもので1本巻くと落ち着いて、あとはすらすらといけた。

緊張もいつの間にかなくなってた。

あんなにタイムに入るのがぎりぎりか、むりか、ぐらいだったのに

2,3分余って全部巻くことができた。

しかも、今までで1番綺麗にできた。

もしかして、本番に強いタイプか!?

他の同期の人達もできてるようだった。

結果全員タイム内にできた。

この数カ月頑張ったかいがあった。

応援に来てくれてた先輩もよろこんでくれてた。

自分としては最高のでき。

お店では各技術にテストがある。

もちろんワインディングも。

言い出来なので、ついでに店長に見てもらうことにした。

「どうです、今までで最高の出来です」

力強く言った。

「うーん、いいんやけど、センターのこの辺がちょっといがんでるかな?」

「えっ!!!」

確かによく見ると、センターが2本ほどちょっとだけいがんでた。

しかしよく見ないとわからないレベル。

「そこをなんとか、合格に!!!!」

結果不合格だった。

この人は鬼だと思った。

自分の中で勝手に終わってたので、もう1度気持ちを奮い立たせるのが・・・・・・

下呂さんが出そうだった。

日にちを置いたらもうあかん!

と思い、そのまま帰ってお店に行ってスグにまたワインディングをした。

しかし、あのコンテストの出来をなかなか超えられなかった。

結果、夜中の3時ぐらいまでしてた。

おかげでいいのができた。

次の日、

無事に合格をいただいた。

今思うと、厳しくしていただいて感謝しておりますm(__)m

関連記事

  1. 京都市北山の美容院
  2. 京都市北山の美容院
  3. 京都市北山の美容院
  4. 京都市北山の美容院
  5. 京都市北山の美容院

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP