BLOG

京都市北山の美容院

とし物語 vol49 ~大学生編16~

夜になり、ちょっと考えた。

もともと単位がかなり残ってたので、卒業があぶなかった。

まともにテストを受けても卒業できるかどうか?

こんなことになって、逆に留年する理由ができた。

親も納得せざるおえない。

結果オーライ?

ま、でもほんとにこんなことになって留年するのもしかたないなって思った。

留年か・・・・

でもなんかその時自分がすごくダサく思えた。

確かに留年する理由はできた。

でも、もともと単位をちゃんと取ってればこんなことになっても大丈夫だったやろうし

自分が悪いやん。

なんか、この事件のせいにして逃げてるような気がした。

・・・・

よっしゃ!いっちょやるか!!!

僕は勉強することにした。

やれるだけやってみることにした。

次の日、ゼミの先生のところに行き事情を説明した。

すると、事情が事情なだけに再テストを受けさせてもらえることになった。

しかし、なんせ単位がめっちゃ残ってるので受けるテストが多い。

できるだけ受けれるやつは受けてみたら?

で、受けられへんやつは再テストしたら?

って、先生に言われそうすることにした。

折れてる右手で鉛筆を握りしめ、受けれるやつはテストを受けた。

知り合いに会うと、いちいち事情を聞かれるので

顔もまだすごい腫れてるし、できるだけ人を避けるようにしてた。

出来はどうかわからないが、とにかく半分ほどテストを受けた。

再テストの日。

再テストは2日間しかなく、僕は受けるテストが多いので

もし全部を再テストにしてたら受けれないのもあった。

(1日目の1時間目に受けるテストが2つある。どっちかしか受けれない。みたいな感じ)

でもたまたま半分ぐらい受けてたので、うまいことかぶってるのがなく

すべてのテストを受けることができた。

奇跡ですね。

あとは卒論。

卒論は事情が事情なだけに、提出したら単位をくれるっていう話だった。

ゼミの先生が講義をしてる授業もあったので、きっとそれも単位はくれるんだろうな。

って思ってた。

いよいよテストの結果が分かる日が来た。

自信はなかったが、やるだけやったので

これで駄目だったら仕方がない。

という気持ちだった。

家にテストの結果の紙が送られてきた。

恐る恐るみた。

卒業には124単位必要。

残りは20。

僕はとにかく最終取得単位数を探した。

どこだ、どこだ?

あった!!

124!!!!

なんと、124単位取れてた。

うぉぉおおぉおおぉおお!!!!!!!!

やったぁぁぁぁぁぁぁぁあぁ!!!!!!!!!!!!

何回も確認したが、ほんとに124単位取れていた。

卒業できるのだ。

久しぶりにかなり興奮した。

興奮も落ち着き、内訳を見てみると

ゼミは卒論を出したので単位がもらえていた。

あと、ゼミの先生がしてる講義を見てみると、

なんと、

単位を落としていた。

おいおい。

まさか、落としたんや!!

って思った。

シビアだな。

卒業できたからいいけど。

ま、あとは取れてるやつもあれば、落としたやつもあり

とにかく124単位取れていた。

とにかく晴れて卒業できるのだ。

やってやったぞ!

という気持ちでいっぱいだった。

卒業することが決定したのだが、気になるのは傷害事件の母親のこと。

留年しそうなことも伝えたし、テストの日程も伝えてある。

普通は気になって、電話の1本でもしてきそうなのだが

全然連絡がない。

こちらから電話しようかと思ったが、なんで俺がせなあかんねん!

と思い、電話がかかってくるまで待ってた。

留年したら学費を払ってもらわないといけないし、卒業できたらできたで

よかったよかった、だし。

確認の電話をしてくるでしょうが!

待てども待てども電話はならなかった。

で、卒業できたし100万はいいけど、慰謝料的なものをもらってないので

これはもらわんと。と思い電話しようとしたのだが

なんかもうかかわりたくないなって、

思い、電話しなかった。

それにしても、ほんまどうしようもない親子ですわ。

関連記事

  1. 京都市北山の美容院
  2. 京都市北山の美容院
  3. 京都市北山の美容院
  4. 京都市北山の美容院
  5. 京都市北山の美容院

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP