BLOG

京都市北山の美容院

とし物語 vol.10 ~小学生編その5~

誰か消しただろう・・・

僕たちは家に帰りました。

家でごはんをたべて、ゆっくりテレビでも見て。

すっかり山でのパーティーのことなど忘れてました。

もちろん、火を消したかどうかなんて頭の片隅にもありませんでした。

それから何時間か経ちました。

すると、周りが騒がしくなってるじゃないですか。

なんかあったんかな?と思いつつ、家の誰かに聞いてみると

「裏の山が火事らしい。」と。

んん??

家事!?

いや、火事です!!

それでさっきの出来事を思い出しました。

そういや、裏の山でパーティーして火を消したかな?

やっぱり消してへんかったんや!!

やっちゃった!!!

それから消防車が来て、本格的に山火事みたいです。

僕はすぐに火は消えるだろうと思ってました。

あまかった・・・・・

山は枯れ木や落ち葉、なんやかんやあるので日のまわりがそうとう早いみたいです。

だんだん不安になっていきました。

まずい、まずいぞ。

それからしばらく時間が過ぎたんですが、消えるどころか勢いが増してるみたいなんです!

とうとう僕の家のすぐそばまで火がやってきました。

すると母が

「逃げるで!あんたも大事なものまとめなさい。」

かなり切羽詰まってます。

僕は「大事なもの、大事なもの」と思い浮かべながらまとめてました。

すると、

「あんた何まとめてんの!他にあるでしょ!」と

どなり声が飛んできました。

僕はファミコンのカセットをまとめていたのです。

そりゃ確かに怒られますね(笑)

でも、いろいろ考えたんですがファミコンのカセットを友達に借りてたんですよ。

それを返そうと思って。

ファミコン本体は持ってなかったんですよ。

そこだけはわかってほしいですよ。

律儀だったんです。

「カセット返さな!」って思ってましたから。

で、いよいよ逃げる準備をしてたんですが

もうほんと家の目の前で鎮火されました(^^)

いやぁ、よかったよかった。

ほっとしたところで、ふと思い出したんですが

あの火事は、おそらく僕たちの火遊びが原因だと。

つまり

僕たちの火遊び→山火事発生→怒られる→どころか警察沙汰→逮捕!!!

という方程式ができあがってしまいました。

これはまずい!どうしよう。

でも親にほんとのことは言えないし。

よし!黙っとこう。

で、結局山火事の原因は煙草のポイ捨てか!?

みたいなことになってました。

いやぁほんと助かりましたよ。

助かってはないんですがね。

それ以来火遊びはしなくなりましたね。

こりごりです。

これが僕らちびっこの最大最凶の出来事です。

すいませんm(__)m

ここで告白してますが、もう時効ですよね?

大丈夫かな?

関連記事

  1. 京都市北山の美容院
  2. 京都市北山の美容院
  3. 京都市北山の美容院
  4. 京都市北山の美容院

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP